弁護士費用特約で弁護士費用をカバーする

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するなら、弁護士基準に従って慰謝料の支払い交渉をしてもらえるため、慰謝料の増額が期待できます。交通事故に強い弁護士に示談交渉を依頼することで、加害者側と直接交渉する手間がかからないので、ストレスも大幅に軽減されます。弁護士に依頼するメリットはたくさんありますが、同時に考えなければいけないのが弁護士費用です。弁護士費用は高額になることが多いため、そのための費用をどのように工面するかが課題になります。その場合に備えておすすめするのが弁護士費用特約です。

弁護士費用特約とは

弁護士費用特約とは弁護士に示談交渉を依頼する場合にかかる費用を補償してくれる特約です。自動車保険に加入しているなら、どの保険会社でも弁護士費用特約を用意していますから、加入を検討してみるとよいでしょう。弁護士費用特約で補償されるのは、弁護士に依頼する場合の着手金、成功報酬、文書費用などです。

いくらまでカバーされるのか

弁護士費用特約でカバーできるのは300万円〜500万円までです。そのほかに文書作成費用などの雑費や依頼する前の事前相談費用を支払うために10万円〜30万円程度の補償が付帯されているものもあります。弁護士費用特約で補償される費用は、平均的な弁護士費用をもとに決められているため、どのような事例であってもたいていの場合、すべてカバーできます。ちなみに弁護士に依頼する場合、かかる費用は高くても100万〜200万円程度です。

保険料はいくらくらいかかるか

気になるのが保険料です。弁護士費用特約の保険料は年間で1000円〜2000円程度です。月払いなら一カ月100円〜200円程度です。わずかな保険料で高額な弁護士費用をカバーできるのですから、費用対効果は高いことが分かります。弁護士費用特約はいつでも申し込みができます。もし未加入であれば、加入を検討してみることをおすすめします。注意点として、弁護士費用特約で補償されるのは被害者になった場合だけです。