交通事故に強い弁護士に依頼する際の費用

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する人が増えています。交通事故に強い弁護士に依頼することで、示談交渉をすべて代行してもらえるため、加害者側との話し合いのテーブルに着く必要がありませんし、自分で加害者側の示談交渉担当者と話し合うよりも慰謝料が増額される可能性が高いからです。弁護士に依頼するメリットはたくさんありますが、弁護士に依頼するには費用がかかります。弁護士費用に含まれる費用には何があるのでしょうか。

着手金とは

弁護士費用に含まれるのが着手金です。着手金とは弁護士が業務を請け負う際に支払う費用で、着手金を支払って初めて弁護士に仕事を依頼できます。着手金の金額は弁護士事務所によって異なりますが、平均すると10万円〜25万円ほどです。着手金戻ってこない費用ですので、費用対効果を考えて弁護士を選ぶとよいでしょう。着手金の金額で弁護士を選ぶのではなく、弁護士の実績をよく考えて選ぶことをおすすめします。

成功報酬とは

成功報酬とは、慰謝料請求において弁護士に依頼することで増額された慰謝料に対する謝礼金といえるかもしれません。成功報酬が何に対して適用されるかは弁護士事務所によって異なります。交通事故の示談交渉を専門的に行っている弁護士事務所であれば、増額分に対する成功報酬を設定しますが、中には示談金全額に対する成功報酬を要求する事務所もあります。慰謝料の増額分に対して成功報酬を設定する事務所を選ぶとよいでしょう。

その他の費用とは

弁護士費用には訴訟の際に書類を作成したり、弁護士が裁判所に出向いたりする際に発生する費用が含まれます。印紙代や交通費などがそれに当たります。弁護士費用は前もってある程度の見積もりを取ることができます。費用を確認し、支払える額かどうかを考えてください。支払えない場合に備えて、あらかじめ弁護士費用特約を付帯しておくこともできるでしょう。保険でカバーできるのでいざという時に安心できます。

法人の資金調達方法とは?銀行融資からビジネスローンまで
資金調達BANK
shikin-bank.com