弁護士すべてが交通事故に強いとは限らない

かつては弁護士というと人生の中でほとんどあるいはまったくかかわることがない人だったかもしれませんが、テレビのバラエティ番組などで弁護士が活躍するようになり、弁護士はかつてないほど身近な存在になりました。そのため交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する人が増えています。交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する場合の注意点は弁護士選びです。弁護士は司法試験に合格する必要があり、法律に精通している人という点ではすべての弁護士に当てはまりますが、すべての弁護士が必ずしも交通事故に強いとは限りません。

弁護士によって得意分野が異なる

弁護士はそれぞれ得意分野があります。例えば企業であれば顧問弁護士を雇いますが、その場合は法人挌の登記に詳しい弁護士、商取引や顧客対応時のトラブルに対処できる弁護士を探します。テレビコマーシャルでよく放映されている過払い金請求を依頼するのであれば、消費者金融との交渉になれている弁護士を探さなければなりません。交通事故についても同様です。弁護士の中には交通事故の示談交渉になれている人とそうでない人がいます。

示談交渉になれていない弁護士に依頼するリスク

弁護士であればだれでも示談交渉を代行できますが、仮に交通事故の示談交渉になれていない弁護士に依頼するとどんなリスクが伴うのでしょうか。例えば保険会社との交渉において弁護士基準を適用する際に、交渉が暗礁に乗り上げてしまい、示談が成立しない可能性があります。そうなると被害者は大きな損失を被ってしまいます。

交通事故に強い弁護士を探そう

交通事故に強い弁護士を探すなら、示談交渉が暗礁に乗り上げたり、慰謝料が少なくなったりする心配がありません。もちろん交通事故に強い弁護士だからと言ってすべてがうまくいくというわけではありませんが、少なくとも安心して示談交渉が依頼できます。弁護士費用は決して安くはありませんから、納得できる方法で示談交渉をしてくれる弁護士を探したいと思うことでしょう。